GTX1050Ti

RYZEN7で自作PCを組む・グラフィックボード編 #3


RYZEN7で自作PCを組む・グラフィックボード編です。

今回選んだグラフィックボードーは、
PalitのNE5105T018G1-1070F (GeForce GTX1050Ti 4GB STORMX)です。

Palitのグラフィクは、ドスパラさんの専売で中間マージンがないらしく
GTX1050Tiの中ではお値段はチョット安めになっています。

GTX1050Ti

GTX1050Ti

スペックはこんな感じです。

メモリ量 4096MB
メモリバス幅 128bit
メモリ種類 GDDR5
グラフィッククロック Base Clock : 1290MHz / Boost Clock : 1392MHz
メモリクロック 3500MHz (DDR 7000MHz)
CUDAコア 768
最大バンド幅 (GB/sec) 112
Microsoft DirectX 12
OpenGL 4.5
バスタイプ PCI-E 3.0 x 16
デュアルリンクDVI
HDMI HDMI 2.0
DisplayPort
最大デジタル分解能 4096×2160
最大VGA解像度 2048×1536
高さ 2 Slot
Board Size 166mm x 112mm
消費電力 75W
最小限必要な電力 300 W

GTX1050Ti

GTX1050Ti

出力端も3個あり、3画面もできそうです。

ベンチマークはこんな感じです。

高画質設置とかにこだわらなければ、ゲームもいろいろ遊べそうです。

GTX1050Ti

 

PalitのNE5105T018G1-1070F (GeForce GTX1050Ti 4GB STORMX)
が気になる方はコチラ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です