椿岸神社

椿大神社の別宮・椿岸神社を参拝したよ!!


椿大神社の別宮・椿岸神社を参拝いたしました。
椿大神社の猿田彦大神(サルタノヒコノオオカミ)の奥様、別宮・椿岸神社は天之鈿女命(アメノウズメノミコト)がお祀りされています。

椿岸神社の主祭神である天之鈿女命(アメノウズメノミコト)は、鎮魂・縁結び・芸能上達・夫婦円満・子宝に御利益があるとされ、総じて「しあわせ始め」の神様といわれています。

古事記では、「天の岩戸開き」の際に、天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸に籠ったときに、
舞を踊り、天照大神(アマテラスオオミカミ)の心を動かし、その岩戸を開かせたといわれ、活躍した神様です。
このことから、芸能、技芸全般に御神徳があるといわれております。
朱塗りの社殿が鮮やかで、妻神らしく、女性の神様のお住まいらしい佇まいです。
椿岸神社2

椿岸神社の社殿の脇に見えるのが「かなえ滝」です。水源は神社後方にそびえる鈴鹿山脈の秀麗七峰に数えられている入道ヶ岳(906m)です。「かなえ滝」の上流には「金龍明神」とよばれる滝があり、神水とされ万病に効く薬水ともいわれております。
金龍明神と源を同じくした水が「かなえ滝」に流れており、良縁・開運などの様々な願いをかなえてくれるといわれております。
かなえ滝

なでると運気が上がるといわれている「招福の玉」です。
招福の玉
この玉を3回なでながら、「祓へ給へ、清め給へ、六根清浄」と三度唱えてお祈りすると、願いが叶うといわれております。
招福の玉2

運気上がりそうです。

椿大神社についてのページはコチラ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です