夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換・作業編!!


夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換・作業編です。
作業しやすいようにタイヤを車の脇にセットしておきます。
タイヤ交換1
タイヤを車の下にセットしておきます。ジャッキが外れた時のクッションになります。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換2
ジャッキをかける反対側にタイヤスットパーをかませておきます。滑り止めになります。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換3
ジャッキポイントにジャッキを掛けます。タイヤが少し浮くぐらい持ち上げます。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換4
インパクトレンチでナットを外していきます。
インパクトレンチ
インパクトレンチがあると速いです。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換5
スタッドレスタイヤに付け替えます。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換6
十字レンチで仮締めします。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換7
仮締めしたらジャッキを降ろして、トルクレンチで規定トルクで締めていきます。
対角線上にナットを締めていきます。トルクレンチはカッチと音がするとそれ以上トルクが掛からないので締めすぎなくてあると便利です。
トルクレンチ

夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換8
ナットを締めたら完成です。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換9
同じ手順で4本交換します。
外したタイヤは前後入れ替えて印を付けておくと、次履き替えるときにタイヤのローテーションも出来ます。
夏タイヤからスタッドレスタイヤ交換10


DIYでソーホースを作ってみよう。組み立て編!!


ーホースを作ってみよう。組み立て編です。
カットした材料を組み立てていきます。
脚になる部分にカットした2×4材をはめ込みます。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
奥にきっちりと差し込みます。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
丸い穴の所にコーススレッドを打ち込みます。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
こんな感じに両側打ち込んでいきます。2個同じものを作ります。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
台になる部分と脚になる部分を固定していきます。コーススレッドを打ち込んでいきます。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
両足ネジ止めしてます。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
2個作って完成です。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
木材のカットや作業台に使えてとても便利です。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
上に板などを乗せると机やテーブルの足としても使えます。
簡単にできるので興味の有る方は是非チャレンジしてみてください!!

今回使用したFULTON 300SHB ソーホースブラケットはコチラ!!


DIYでソーホースを作ってみよう!!


今回はソーホースの作り方のご紹介です。
ソーホースはDIYで作業するのにあると、とても便利なアイテムです。
ソーホース金具と2×4材で簡単に作ることが出来ます。
今回使用する材料です。
◯FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB 2組
◯2×4材 6F 5本
◯コーススレッド41mm・51mm適量
こちらがFLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB です。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
2個で1と組になります。今回2組使います。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
材料を好みの寸法にカットします。
今回使用する金具でソーホースの高さを決めるには、脚になる2×4材の長さに75mm足したのが、ソーホース全体の高さになります。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
使うコーススレッドはこんな感じです。
FLTON(フルトン)ソーホース金具 FLTON 300SHB
参考耐荷重:(1組/2個使用の場合)約180kgなので結構丈夫です。
お値段も1組800円位です。
次回組み立てていきます。
続く・・・・・・・・・・・・

今回使用したFULTON 300SHB ソーホースブラケットはコチラ!!


DIYでとても使いやすい2×4材!!


DIYでとも使いやすい2×4材のご紹介です。
2×4材は主にSPF材とホワイトウッド材があります。
SPF材とは、S=スプルス・P=パイン・F=ファーの混合材で、主に北米やカナダの方が原産地の材になりますホワイトウッド材は、北欧が原産地の材になります。

こちらはホワイトウッドのの2×4材です。
ホワイトウッド2×4材1
ホームセンターなどで購入しやすい材料だと思います。またホームセンター等でカットもしてくれるところがあるので、ドリルやインパクトドライバーがあればDIYでいろいろ作れてしまう材料だと思います。


DIYで簡単、のせるだけの机!!


DIYで簡単、のせるだけの机のご紹介です。
今回使用する脚は大好きなIKEAさんのODDVALDです。
DIYで簡単、のせるだけの机1
天板が滑らないように、チョットだけ加工しておきます。
天板をのせる部分にすべり止めのゴムを貼っておきます。
DIYで簡単、のせるだけの机2
こちらの足元の所に荷物が置けるように、棚を作ります。
DIYで簡単、のせるだけの机3
こちらも天板が滑らないように、滑り止めのゴムをつけときます。
DIYで簡単、のせるだけの机4
あとは天板をのせるだけです。
DIYで簡単、のせるだけの机5
下の棚の部分にも天板をのせます。
DIYで簡単、のせるだけの机6
子供用の椅子と組み合わせると
DIYで簡単、のせるだけの机7
事務用の普通の椅子と組み合わせると
DIYで簡単、のせるだけの机7
大人用の大きめの椅子と組み合わせると
DIYで簡単、のせるだけの机8
今回使用した材料は
赤タモ集成材(ニレ)W 1200mm×H 500mm×D 30mm 1枚
赤タモ集成材(ニレ)W 600mm×H 270mm×D 25
mm  2枚
こちらの脚には天板の奥行きは600mmあると調度良い収まりになると思います。
作業台や机に使えて、使わない時にはしまえるので便利に使えます。

今回使用した脚
ODDVALD:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/40167795/
今回使用した椅子
URBAN:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30207037/
MARKUS:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/50137208/